「脱どんぐり」で才能発揮

Embed from Getty Images
 

どんぐりの背くらべ?…可愛らしいですけれどね。
もし、やりたいことがあるなら、
どんぐり仲間の集団から抜け出ることも大切だと思います。
そして、芽を出し、大きく育つように、です。

実際に、
「こんなことなら、もっと早くお願いすればよかった」と、言われます。
わたしも、そう思います。
つまり、多かれ少なかれ、もったいないことになっていたのでしょう。

人にはいろいろなタイプがあります。
そのタイプが、役割・能力と一致し、
健全で適切な目的・目標に向かい、
魅力や実力として世に提供されるとき、
人は「才能を発揮している」と言えるのです。

Embed from Getty Images
 

「皆、コーチをつければいいのに」
これも、クライアントたちがよく言うことです。
わたしも、そう思います。

で、
「結論が出ているとしたら何ですか?」
です。

Embed from Getty Images
 

特に「今すぐにでも」成し遂げたい・達成したいという、
「希望あふるるプロジェクト」をお持ちの方には、
お役に立てると思います。

「今すぐにでも」というのは、
「10年後くらいには、こんな風になってたらいいなぁーって、
思うんですよー」ではないということです。
(命は永遠ではありませんからね。)
また、「希望あふるるプロジェクト」とは、
「健全で必然性のあるプロジェクト」でもあるはずです。
(ぜひオリエンテーションで聞かせてください。)

「プロジェクトの成功」と共に、
「今できていないことができるようになる」ことで、
「未来(新しい状況)をつくる価値」を実感していただきたいと思っています。

Embed from Getty Images
 

いつでもどこでも誰にでも、才能を開花させるチャンスはあるでしょう。
ただ、あなたにどれくらいのチャンスがあるのかは、
あなた次第です。

「脱どんぐり」で才能発揮。
それは、「新しいお話の続き」です。

Q&Aもご参考になさってください。

Advertisements