『開花主義』

「花咲くあなたのために。」

花は、咲くのにいちいち頑張ったりしません。
バラは、バラとして。
タンポポは、タンポポとして。
サボテンは、サボテンの咲き方で。

自分が選んだ環境の中で、じっと咲きます。

 

さて、あなたが咲くために必要なこと。

「咲くこと」=「本来のあなたのままで、十分に創生できるすばらしい成果」。
ふつうにやって、ふつうに成果を生み出すしくみや方法を準備することです。

例えば「光合成」のように、無理のない自然なシステム。
あなたのリズムやサイクルの中で、心地よく咲くプロセス。

わたしは、このシステムやプロセスを大切にすることを、
「開花主義」と名付けます。

 

時として、厳しい状況や環境の中でも、
あなたにとって必要な働きをしつづけること。

冬を越え、新しい芽を伸ばし、
あなたが、あなたらしい今年の花をつけ、
時機が来れば、色づく葉を落とし、次の季節に備える。

あなたにとって必要なものは引き寄せられ、
更新が必要なものは新たに。
不要となったものは自然に淘汰されていく。

そんな働きに気づくこと。

そして、さらに新たな準備をすること。

それが、開花のためのしくみです。

 

わたしたちは、幸せや成功を目指すとき、
つい他と比べがちではありませんか?

もともと、違うものさしで生きている、
ひまわりと朝顔を比べるなんて、ナンセンスなこと。

あなたの成長や進化は、あなたのものさしで計れます。
いつどんな風に咲くのかは、あなたが決めればいい。

 

さて、あなたはどんな花ですか?
まずは、それを思い出してみてください。

そして、その花を思いきり咲かせるために、必要なこと。
これを、用意するのです。

あせらず、強く、やわらかいハートで、じっと咲かせる。

それが「開花主義」。

 

あなたは、いつどんな風に咲きますか?
つぼみは、スタンバイしていますか?

大丈夫。
あなたは、既に咲きつつあります。

そろそろですよ♪

 

オカノユミ

 

Advertisements