『オーシャンズ』シリーズに見るチームワークの極意

ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットなど、多くの人気俳優が出演するシリーズ。
わたしは特に2作目の『オーシャンズ12』が好きです。

この映画を観て、気づいたことがあります。
個人として、チームとして、学ぶことが幾つもあるのです。

まず、チームに属する各人が超プロフェッショナルであること。
これは、難しいミッションの実現にあたり、最低条件と言えるでしょう。
(ミッションには、当然、全員が合意&同意で、まったくブレはありません。)

その上での柔軟なチームワーク。
ライバルの台頭や不測の事態で、作戦変更は余儀なくされます。
が、そこでの臨機応変ぶりが見事なのです!

なぜ、そういうことが可能なのか?
それは、彼らが絶対の絶対の絶対に、あきらめないからです。
なぜ、あきらめないのか?
あきらめないと、決めているからですね。

選択肢は、もうないと思ったところから生まれる、
もうないと思った瞬間から自分たちで生み出すのだということを、強く思い出させます。

しかも、どんなにピンチであっても、
どこかひょうひょうとして、楽しんでいる感じが漂っているのです。
チャーミングな仕事ぶりって、こんな感じなのかしら?

そして。
「もし、ジョージ・クルーニーが、女性だったら?」と、わたしは考えます。
ここは、想像力の出番ですね。役柄とは言え、あの、ややもするとテキトーな感じ。
見習いたいモデルのひとつです。

と思っていたら、来ました!女性版!!

出演は、サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、リアーナ、ヘレナ・ボナム・カーター、アン・ハサウェイ、ミンディ・カリング、サラ・ポールソン、オークワフィナ。

サンドラ・ブロックは、ジョージ・クルーニーが演じたダニー・オーシャンの疎遠な妹という役柄。

観ます!観ます!(興奮気味…。)

 

Advertisements
View All

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.